MENU

共生社会のための彫刻プロジェクト

2019年2月にときわ湖水ホールで開催される「共生社会ホストタウンサミット in 宇部」を記念するシンボル彫刻を制作します。

共生社会のための彫刻プロジェクト

彫刻プラン

On the shoulders of others だれかの肩のうえに

”On the shoulders of others”は、先人たちの積み重ねのうえに今の私たちがあることを表すヨーロッパの古いことわざです。

「共生社会ホストタウンサミットin 宇部」の開催の記念として、また障害のあるひともないひとも、皆がお互いに助け合って暮らしていける社会のシンボルとして、市民参加型の彫刻制作プロジェクトを実施します。

アーティスト

ハンス・ショール

1952年生まれ、ドイツ・ヘッセン州マールブルク在住の彫刻家。ドイツ・カールシュトレール学校(ドイツで唯一の視覚障害者が大学進学資格を取得することができる学校)の美術教師を25年間勤める。

第27回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)毎日新聞社賞受賞(2017年)

第22回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)優秀賞受賞(2007年)

Top