MENU

市制100周年記念彫刻プロジェクト候補作家が決定しました

令和3年(2021年)に宇部市制施行100周年と野外彫刻展60周年を同時に迎えることを記念し、「100周年、希望あふれる未来へ」をテーマに野外彫刻作品を制作し、令和6年に完成予定の新庁舎広場に設置する『市制100周年記念彫刻プロジェクト』を進めています。

令和2年(2020年)10月3日に、作品制作を依頼する候補作家を選考する一次選考委員会を開催し、候補作家を選出しました。その後、選考された候補作家にこのプロジェクトへの参加について承諾をいただき、次のとおり3名が決定しました。

植松 奎二(うえまつ けいじ)
フロリアン・クラール
大巻 伸嗣(おおまき しんじ)

候補作家3名による作品プランは、令和3年(2021年)8月27日までに完成予定です。

詳しくは宇部市報道発表ページをご覧ください。

Top